【2023WBC】カルロス・コレアやリンドーアを擁するプエルトリコ代表メンバーを予想

2023WBC

 

2023年開催予定の第5回WBC。

日本代表は3大会ぶりの世界一を目指していますが、現役メジャーリーガーを多数擁している国を越えなければいけません。

本記事では、プエルトリコ代表が「本気」で挑んできた場合のメンバーを予想していきます。

 

2023WBCの試合会場↴

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの本拠地「チェイス・フィールド」を紹介

マイアミ・マーリンズの本拠地「ローンデポ・パーク」を紹介

 

投手陣

まず、投手陣からです。

私は以下の12名を選出しました。

 

  • ホセ・ベリオス (トロント・ブルージェイズ)
  • ジョー・ヒメネス (デトロイト・タイガース)
  • ホセ・デレオン (トロント・ブルージェイズ)
  • エドウィン・ディアス (ニューヨーク・メッツ)
  • ホルヘ・ロペス (ボルチモア・オリオールズ)
  • アレックス・クラウディオ (ニューヨーク・メッツ)
  • アレクシス・ディアス (シンシナティ・レッズ)
  • ジョバニ・モラン (ミネソタ・ツインズ)
  • セス・ルーゴ (ニューヨーク・メッツ)
  • エミリオ・パガン (ミネソタ・ツインズ)
  • ジョゼフ・コローン (FA)
  • ゼイビア・セデーニョ (FA)

 

野手陣

続いて、野手陣です。

私は以下の16名を選出しました。

 

捕手

 

  • マーティン・マルドナード (ヒューストン・アストロズ)
  • クリスチャン・バスケス (ボストン・レッドソックス)
  • トマス・ニド (ニューヨーク・メッツ)

 

内野手

 

  • カルロス・コレア (ミネソタ・ツインズ)遊撃手
  • ハビアー・バエズ (デトロイト・タイガース)遊撃手
  • フランシスコ・リンドーア (ニューヨーク・メッツ)遊撃手
  • ウィリ・カストロ (デトロイト・タイガース)二塁手
  • ジャック・ロペス (デトロイト・タイガース)二塁手
  • エドウィン・リオス (ロサンゼルス・ドジャース)一塁手
  • ケニス・バルガス (ドスラレドス・オウルズ)一塁手
  • エマヌエル・リベラ (カンザスシティ・ロイヤルズ)三塁手

 

外野手

 

  • エディー・ロザリオ (アトランタ・ブレーブス)
  • キケ・ヘルナンデス (ボストン・レッドソックス)
  • エリオット・ラモス (サンフランシスコ・ジャイアンツ)
  • ヘンリー・ラモス (KTウィズ)
  • ジョネスウィー・ファーガス (ニューヨーク・メッツ)

 

予想スタメン

それでは、プエルトリコ代表のスタメンを予想します。

 

1番(中)キケ・ヘルナンデス

2番(遊)フランシスコ・リンドーア

3番(二)ハビアー・バエズ

4番(三)カルロス・コレア

5番(左)エディ・ロザリオ

6番(一)エドウィン・リオス

7番(DH)ウィリ・カストロ

8番(捕)マーティン・マルドナード

9番(右)エリオット・ラモス

 

【WBC】タティスJrやゲレーロJrだけじゃない⁉ドミニカ共和国代表メンバーを予想

【WBC】アメリカ代表メンバーを予想!ハーパーやデグロムなど

【WBC】ベネズエラ代表メンバーを予想!アルトゥーベやぺレスなど

 

まとめ

プエルトリコ代表は2017年のWBCで準優勝を果たし、そのメンバーの多くが今回も出場してくるはずです。

コレア、バエズ、リンドーアの内野手は強烈で、日本代表は警戒が必要です。

ただ、選手層はそれほど厚くないため、日本代表が付け入る隙は大いにあるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました