NPBの放映権について解説!セ・パの放映権に対する取り組み方の違いとは?

プロ野球

日本プロ野球の放映権の仕組みはややこしく、セ・リーグとパ・リーグでも若干違いがある為、分かりづらいと感じている人が多いと思います。

そこで、この記事では日本プロ野球の放映権の仕組みを詳しく解説します。

 

MLBとNPBの収入源の違いについてはこちらの記事で解説しているので合わせてご覧ください。

 

放映権ってなに?

そもそも放映権とは何でしょうか。

一般的には以下のように定義されています。

 

主にテレビ局でのテレビ放送において、他者から借り受けたり配線されたニュース素材・放送番組や、スポーツイベントを独占的に放映できる権利のこと。

 

要するに、テレビ局やネット配信媒体は試合の主催者(読売ジャイアンツの主催試合なら読売ジャイアンツ)に代金(放映権料)を支払い、試合の映像をテレビ放送やネット配信で使わせてもらえる権利(放映権)を獲得します。

 

◎イマイチ理解しずらいかもしれませんので、具体例を以下に示しました。

読売ジャイアンツは2019年に映像配信会社DAZNとの間で年間20億円の放映権契約を締結し、2020年には5年間契約を延長しました。

この場合、読売ジャイアンツが主催した試合映像はDAZNが自由に使用することが可能で、その代金(放映権料)としてDAZNが読売ジャイアンツ側に20億円を支払いました。

 

NPBの放映権契約について

日本のプロ野球では、各球団がそれぞれの地元テレビ局や傘下のマスコミ関連企業、ネット配信媒体と放映権契約を結んでいます。

例えば、読売ジャイアンツは日本テレビ(傘下)やDAZNと、日本ハムファイターズは北海道テレビ(地元テレビ局)やDAZNと契約を結んでいます。

一般的に広く知られていることではありますが、プロ野球球団は本拠地の地元放送局や地元新聞社との結びつきが強いため、各球団が独自に放映権契約を結ぶことが多いです。

 

オーナー企業とプロ野球球団の関係を深く知りたい方は以下の本がおススメです。

プロ野球「経営」全史 球団オーナー55社の興亡

 

セ・リーグとパ・リーグの放映権について

日本プロ野球ではセ・リーグとパ・リーグで放映権契約への考え方が異なっています。

以下で、両リーグの放映権契約への考え方の違いを紹介していきます。

 

セ・リーグ

セ・リーグは放映権販売と中継放送に厳しい制約を設けている球団が多く、セ・リーグ全球団の放映権を掌握してる地上波民放テレビのネットワークは存在しません。このような状況に陥っている最も大きな要因は、セ・リーグ球団は新聞やマスコミ関連企業との間で資本や経営面での関係が強いためです。

 

どうゆうことか、具体例を使って説明していきます。

読売ジャイアンツは2019年に映像配信会社DAZNとの間で年間20億円の放映権契約を締結、さらに2020年には5年間契約を延長しました。ジャイアンツは2019年にようやくDAZNと大型契約を締結しましたが、契約交渉が難航した背景には、ジャイアンツの傘下にある日本テレビが影響していました。

 

特殊な例として、広島カープは地元テレビ局と密接な関係を築いているためDAZNと契約を結んでいません。なぜなら、広島カープがDAZNと放映権契約すると地元テレビ局の視聴率が下がる可能性があるため、放映権をなるべく地元企業に留めておこうという思惑が働いています。

 

地元への愛着があることはいいことだが、もう少し柔軟に対応できたらさらに良くなると思う。

広島カープが貫く独自の経営スタイルを詳細に知りたい方は以下の本をご覧ください。

逆境をはねかえす 広島型スポーツマネジメント学―地域とプロスポーツをともに元気にするマネジメント戦略

 

パ・リーグ

パ・リーグはセ・リーグに比べ、すべての球団で放映権販売と中継放送の制約がゆるい傾向があります。

パ・リーグでは、パシフィックリーグマーケティング株式会社をパ・リーグ6球団が共同出資して設立し、「パ・リーグ各球団の地域密着」と「リーグ全体の進行と積極的取り組み」の2本の柱を企業理念に掲げ、様々な活動をしてきました。

の中でも最近注目を集めたのがYouTubeチャンネルのパ・リーグTVです。

同チャンネルは、登録者数約61万人(2021年1月26日時点)を誇り、プロ野球ファンだけでなく野球に詳しくない人にもパ・リーグを知ってもらうきっかけとなりました。

 

各球団の経営スタイルを詳細に知りたい方は以下の本をご覧ください。

ドケチな広島、クレバーな日ハム、どこまでも特殊な巨人 球団経営がわかればプロ野球がわかる (星海社新書)

 

まとめ

以上でこの記事は終了です。

放映権についてなんとなく理解できたでしょうか?

はじめは理解しづらいと思うので何度かご覧になることをおすすめします。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました