【MLB】トレイ・ターナーがドジャースとの長期契約を希望「このチームは特別」

 

米メディアによると、今シーズン終了後FAとなるトレイ・ターナーはドジャースとの契約延長に前向きだという。ターナーはドジャースとの契約延長について「まだ話していない」とコメントしているが、いずれ契約延長の交渉が行われるだろう。

 

ターナーはドジャースについて「ここ(ドジャース)は素晴らしいチーム」「ここで過ごした時間は信じられないほど楽しかった」とコメントしており、今後もドジャースでプレーする意欲を示した。

ターナーは昨年7月にナショナルズからのトレードでドジャースに加入し、本職ではない2塁手としてスタメンに定着。148試合に出場し打率.328、195安打、28本塁打、32盗塁をマークした。今年29歳となるターナーは今後数年間、MLBトップクラスの遊撃手として活躍する可能性が高い。

ドジャースはコーリー・シーガーの後任としてターナーに期待しており、ターナーとの契約延長はほぼ確実だろう。

 

コーリー・シーガーはレンジャーズで活躍できるのか?懸念材料は唯一…

 

タイトルとURLをコピーしました