【MLB】非難殺到?!守備シフト禁止は野球界の発展を妨げてしまうのか

MLB

米メディアはMLB選手会が2023年シーズンからの守備シフト禁止(45日前の通達を条件)を受け入れたと報じた。

MLBでは2000代以降、ビッグデータを活用し打者やカウントに応じて守備配置を変更する「守備シフト」と呼ばれる戦術が浸透してきた。近年はその傾向がより高くなり、野球経験がないデータのプロフェッショナルを積極的に雇用する球団が増えた。

MLBの全打席に占める守備シフトの割合は、2016年は14%であったのに対し、2021年は31%に増加している。球団別にみるとロサンゼルス・ドジャースが53.6%で最も守備シフトを活用した球団であった。以下、2位がニューヨーク・メッツ(50.2%)、3位がヒューストン・アストロズ(46.2%)、4位がアトランタ・ブレーブス(38.9%)、5位がデトロイト・タイガース(38.1%)。

 

守備シフト禁止については様々な議論が巻き起こっているが、この記事では「守備シフト禁止に反対」する理由を紹介する。

トレバー・バウアーの日本移籍はあるのか

野球界の発展の妨げになる

守備シフト禁止に反対する人の多くは、「守備シフト禁止は野球界の発展を妨げるのではないか」と疑問を呈している。

 

様々なデジタル機器が発展した現代、スポーツ界でもデータ解析や動作解析といったデータを活用したチーム強化が導入されている。それは野球界でも同様であり、データを活用した戦術や技術向上など、2000年以降から急速に普及していった。

 

そんな中、膨大なデータをもとに打者やカウントに応じて守備位置を変える「守備シフト」は、守備戦術のひとつとして大きく機能しており、守備シフトがMLBで普及した2000以降のMLB全体の打率は低下している(2000年:.270⇒2019年:.252)。

守備戦術として大きな機能を果たした「守備シフト」だが、打撃面に目を向けるとMLB全体の打率が大きく低下したため、本塁打に頼る「単調な攻撃」が目立つようになりファン離れが進んでいった。

 

ただ、守備シフトは単なる戦術であり、打撃側はこの戦術に対抗する様々な工夫が必要となる。例えば、守備シフトを敷くことでフィールドに膨大なスペースが空くため、流し打ちやバントを習得するということだ。

 

このように、「相手の戦術に対して新たな戦略で対抗する」というサイクルを繰り返すことで、戦略や選手個人の技術が向上し自ずと野球界が発展する。つまり「守備シフト禁止」はデータを駆使した戦略的な野球ではなく、個人の能力にフォーカスした野球に戻ってしまう可能性をはらんでいる。

「守備シフト禁止」に賛同する声が多い理由

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました