【MLB】2022年シーズン展望:ロサンゼルス・ドジャース 世界一へ磐石布陣

MLB

 

2022年シーズンはどのような戦いになるのか。

本記事では、ロサンゼルス・ドジャースの戦力分析とシーズン展望をしていきます。

投手

まず、投手陣から見ていきます。

 

ドジャースの先発投手は、ウォーカー・ビューラー、クレイトン・カーショウ、フリオ・ウリアスという3本柱が強烈です。加えて、アンドリュー・ヒーニー、デビッド・プライス・トニー・ゴンソリンが控えています。

 

そんな中、個人的に注目しているのはカーショウです。

シーズンオフに移籍の噂が広がっていましたが、最終的に、「ワールドシリーズ制覇の可能性が一番高い球団」であるドジャースと再契約することになりました。

昨年は、怪我に苦しんだカーショウですが、実績と経験は申し分ありません。2022年シーズンは、カーショウの完全復活に注目です。

 

ただ、デビット・プライスは高年俸に見合った成績を残せていない為、今年こそ活躍が求められる。

 

中継ぎは、フィル・ビックフォード、アレックス・べシア、新加入のダニエル・ハドソンなど、ある程度計算できる選手が揃っています。加えて、ブルスダー・グラテロルやジミー・ネルソンもいます。

 

敢えて懸念点を挙げるとすると、ケンリー・ジャンセンが抜けた「守護神」の座を誰が埋めるのかです。個人的にはダスティン・メイをクローザーに推しているが、復帰後すぐにクローザーを任せるのは現実的ではない。現時点では、クローザー経験あるブレイク・トレイネンがクローザー最有力と言える。

 

いずれにせよ、ドジャースはビューラーやうりあすなど強力な先発投手が揃っているため、リリーフがどれだけ粘れるかがカギになるだろう。

 

〇ウォーカー・ビューラー(27歳)昨年成績:33試合・16勝4敗・防御率2.47

〇クレイトン・カーショウ(34歳)昨年成績:22試合・10勝8敗・防御率3.55

〇フリオ・ウリアス(25歳)昨年成績:32試合・20勝3敗・防御率2.96

 

 

野手

ドジャースは、ムーキー・ベッツやトレイ・ターナーなどに加え、フレディ・フリーマンが移籍してきたことで、非の打ちどころがないラインナップとなった。オフにコーリー・シーガーがテキサス・レンジャーズに移籍したことで、戦力ダウンを懸念されていたが、全くその心配がなくなった。加えて、ジャスティン・ターナー、クリス・テイラー、マックス・マンシーなども健在で、今シーズンから導入されたDHを上手く使い、休養を取りながらプレーすることが可能となり、怪我のリスクが軽減されるだろう。

 

今シーズン、特に注目しているのはコディ・ベリンジャーだ。昨年、ベリンジャーは肩の手術の影響もあり、自己ワーストの打率.165を記録した。ベリンジャーが完全復活することになれば、いよいよ手が付けられない打線が完成する。

2019年MLBコディ・ベリンジャーは復活できるのか...

 

以上を踏まえて、スタメン予想はこうだ。

1番 ムーキー・ベッツ(右)

2番 フレディ・フリーマン(一)

3番 トレイ・ターナー(遊)

4番 マックス・マンシー(DH)

5番 ウィル・スミス(捕)

6番 ジャスティン・ターナー(三)

7番 コディ・ベリンジャー(中)

8番 クリス・テイラー(二)

9番 AJ・ポロック(左)

 

ドジャースはマンシー、テイラー、ギャビン・ラックスなど複数ポジションをこなせる選手が多いため、様々なラインナップが組んでくるだろう。捕手はウィル・スミスがスタメン起用されるはずだが、オースティン・バーンズも控えている。

こう見ると、控え選手も含めて穴のないラインナップと言える。

 

総括

ドジャースはビューラーを筆頭に強力な投手陣を要しているが、クローザーを含め、勝ちパターンを早めに見つける必要がありそうだ。

打撃に関しては、フリーマンが加入したことで非の打ち所がない完璧な打線が完成した。

したがって、唯一の懸念点である主力選手の長期離脱が無ければ、地区優勝はほぼ間違いないだろう。

 

【MLB】2022年シーズン展望:サンディエゴ・パドレス ポストシーズン進出へ暗雲

タイトルとURLをコピーしました