【MLB】菊池雄星の加入でブルージェイズの強力な先発ローテーションが完成!

菊池雄星がブルージェイズに加入したことで、ブルージェイズの強力な先発ローテーションが完成した。2022年シーズンのブルージェイズの先発ローテーションには、ホセ・ベリオス、ケビン・ゴーズマン、リュ・ヒョジン、アレク・マノア、菊池雄星が名を連ねることが予想されている。

 

ホセ・ベリオスは28歳の右腕で、昨年12勝9敗、防御率3.52。

ケビン・ゴーズマンは31歳の右腕で、昨年はジャイアンツで14勝6敗、防御率2.81。

リュ・ヒョジンは35歳の左腕で、昨年14勝10敗、防御率4.37。

アレク・マノアは24歳の右腕で、昨年9勝2敗、防御率3.22。

菊池雄星は31歳の左腕で、昨年7勝9敗、防御率4.41。

 

予想されているブルージェイズの先発ローテーションは、左右のバランスがよく、若手・中堅・ベテランが配置されている。昨年のブルージェイズはサイ・ヤング賞を受賞したロビー・レイが先発ローテーションを支えたが、今年はケビン・ゴーズマンやアレク・マノアが先発の柱となりそうだ。また、ロビー・レイが抜けた左腕のポジションを菊池が任されることになる。

 

ブルージェイズはゲレーロJrやボー・ビシェットやジョージ・スプリンガーなど野手が揃っているため、ポストシーズン進出へ向けて投手陣の頑張りがカギとなる。

鈴木誠也を巡り「ドジャースvsジャイアンツ」の争奪戦が激化?

タイトルとURLをコピーしました