【MLB】ヤンキースがカルロス・コレア獲得を断念か?金銭面で条件合わず

 

2021年オフにFAとなったカルロス・コレアは、ニューヨーク・ヤンキースへの移籍が濃厚とされていたが、ここにきて状況が変わりつつある。ヤンキースはツインズからジョシュ・ドナルドソンとアイザイア・カイナー=ファレファとベン・ロートベットを獲得。

 

アイザイア・カイナー=ファレファはゴールドグラブ賞を受賞したこともある26歳の遊撃手で、ヤンキースの正遊撃手を任せられるポテンシャルを秘めている。

コレアは言わずと知れたMLBトップクラスの遊撃手だが、3億ドルほどの大型契約を結ぶのはあまりにもリスクが高い。豊富な資金力を誇るヤンキースですらコレア獲得に躊躇しているようなので、他球団はなかなか手が出せない状況だ。コレア獲得に大きな関心を寄せていたカブスはアンドレルトン・シモンズを1年契約で獲得。

米メディアによると、アストロズはコレアとの再契約に向けて接触を図っており、現時点ではアストロズ残留が既定路線になっているようだ。

 

アストロズがコレアとの再契約へ!代理人と接触

コメント

タイトルとURLをコピーしました