【MLB】プロスペクト1位のアドリー・ラッチマンはオリオールズを救えるのか?

MLB

ボルチモア・オリオールズはシーズンが短縮した2020年を除くと、3年連続で100敗以上を喫している。

そんなオリオールズの救世主になり得る選手が今年メジャーに昇格しそうだ。

その名はアドリー・ラッチマン、24歳の捕手だ。

メジャーリーグ なぜ「儲かる」 (集英社新書)

 

ラッチマンとは?

では、ラッチマンどのような選手なのか見ていく。

 

ラッチマンは2019年MLBドラフト全体1位でオリオールズに指名され、オリオールズの将来を担う逸材として大きな期待を背負った。

 

未だメジャーでの出場経験はないが、マイナーで着実に結果を残し、2022年のプロスペクトランキングでは1位にランクインした。

かつてプロスペクトランキング1位となった選手には、大谷翔平やブライス・ハーパーなど現役で活躍している選手が名を連ねており、メジャーでの活躍はほぼ確実とみられている。

 

オリオールズが獲得するべきFA選手はこちらの記事で考察している

アメリカでの評価

では、アドリー・ラッチマンがアメリカでどのように評価されているのか見ていく。

 

攻撃面

ラッチマンが高く評価されている要因の一つとして、卓越した打撃センスが挙げられる。

昨シーズンのラッチマンの打撃成績は123試合に出場し、打率.285、129安打、23本塁打であり、捕手として打撃面でも期待できる。

なにより、スイッチヒッターという点も評価が高く、かつてオリオールズでプレーしたマット・ウィータースと比較されている。

 

守備面

ラッチマンは守備面でも一定の評価をされているが、特に投手の力を引き出す能力について高い評価を得ている。

投手と頻繁にコミュニケーションを取ることを心掛けているようで、イニングが終わる毎に投手と会話している様子を目撃されている。

また、肩も良いため捕手として完成されつつある。

ただ、捕手ということもあり怪我を心配している評論家が多い。

 

まとめ

アドリー・ラッチマンは、間違いなくオリオールズの未来を担う選手であり、今後さらに成長するだろう。

メジャー昇格後、すぐに活躍できるかは分からないが、長期的な視点をもって見守っていきたい選手だ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました