【マッチレビュー】トッテナムvsマザーウェルFC

 

試合概要

トッテナム vs マザーウェルFC

2022年12月9日/22:00(日本時間)

会場:ホットスパーウェイ

 

<スタメン:トッテナム>

B.オースティン

D.スペンス

C.セイヤーズ

J.タンガンガ

D.サンチェス

M.ドハティ

O.スキップ

Y.ビスマ

H.ホワイト

D.クルゼフスキ

B.ヒル

 

<サブ:トッテナム>

ホワイトマン、マンドレ、デヴァイン、サンティアゴ、パスコッツィ、ジョン、ランクシェア、ドンリー、ドリングトン、ロブソン

試合経過

(0:00)

キックオフ

 

(2:00)

ゴール:クルゼフスキ

前線からのプレスから相手のミスを誘い、ゴール前にいたクルゼフスキが右足でゴール。

 

(4:00)

ヒルがペナルティエリア付近でファウルをもらいFK獲得。

キッカーはビスマ。ボールはゴールの遥か上を通過し、ビスマは苦笑い。

 

(11:00)

左CBセイヤーズのパスが相手のプレスに引っ掛かり、あわやピンチに。

ここはGKオースティンが対応。

 

(視聴終了)

フレンドリーマッチということもあり、のらりくらりの試合展開だったため、前半12分で視聴を終了しました。

 

レビュー・感想

フルタイムを見ていないので、前半12分までのレビュー・感想。

 

最も印象に残ったのはビスマです。

ケインやソンフンミンといった中心選手が居ないからなのか、伸び伸びプレーしていました。

積極的にボールに絡み、長短のパスを駆使。プレミアリーグ再開後もこの調子で頼みます。

 

もうひとり、ピッチ外で話題のスペンスにも注目していました。

スペンスは味方との連携面が不安で、ボールを持ちすぎて流れが止まる印象。フリーでボールを受けても、右WGのクルゼフスキのとのパスワークがなく、ドリブルまたはバックパスを選択。

あと、守備の緩さがやや気になりました。

個人的に、スペンスのスピードは魅力的だと思いますが、規律を重んじるコンテ監督が起用しない理由も理解できます。

スペンスは今冬または来夏にローン移籍し、出場機会を得るのが良いのではと。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました