【MLB】セントルイス・カージナルスの本拠地「ブッシュ・スタジアム」の特徴と行き方を紹介!

MLB

「セントルイス・カージナルスについてもっと詳しくなりたい!」

「セントルイス・カージナルスの試合を現地観戦したい!」

このように思っている人はいませんか?

この記事では、「セントルイス・カージナルスについてもっと詳しくなりたい!」「セントルイス・カージナルスの試合を現地観戦したい!」という人に向けて、セントルイス・カージナルスの本拠地「ブッシュ・スタジアム」を紹介します。

 

 

セントルイス・カージナルスってどんな球団?

セントルイス・カージナルスは1882年に創設され、現在はナショナルリーグ中地区に所属しています。カージナルスは同地区に所属しているシカゴ・カブスと長年ライバル関係を築いており、両チームの対戦カードは多くの観客が訪れます。

ナショナルリーグ西地区に所属している球団については以下の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。

シカゴ・カブスの本拠地「リグレー・フィールド」の詳細情報

シンシナティ・レッズの本拠地「グレート・アメリカン・ボール・パーク」の詳細情報

ミルウォーキー・ブルワーズの本拠地「アメリカンファミリー・フィールド」の詳細情報

ピッツバーグ・パイレーツの本拠地「PNCパーク」の詳細情報

 

また、カージナルスはMLB屈指の名門球団であり、地区優勝14回、リーグ優勝19回、ワールドシリーズ制覇11回の実績を誇ります。

さらに、カージナルスのホームゲームは毎年多くの観客が来場し、平均観客動員率は95%を超える年が多くあります。

 

日本人選手としては2002年~2007年に田口壮が所属していましたが、それ以降日本人選手は所属していません。

ブッシュ・スタジアムⅢ

☑基礎情報

◆スタジアム名:ブッシュ・スタジアムⅢ

◆ロケーション:ミズーリ州セントルイス

◆収容人数:45,494人

 

ブッシュ・スタジアムは2006年にオープンし、同年4月10日に初のMLB公式戦としてミルウォーキー・ブルワーズ戦が開催されました。

ブッシュ・スタジアムは外装にレンガと鉄骨を使用したレトロクラシックの建築様式が用いられており、近代的な外観をしています。

また、バックスクリーン後方には、セントルイスのシンボルであるゲートウェイ・アーチが顔を覗かせており、観客を魅了しています。

 

MLBのレトロクラシック球場建設ブームの火付け役となったボルチモア・オリオールズの本拠地「オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズ」やその他のレトロクラシック球場については以下の記事で紹介しているので、興味のある方は合わせてご覧ください。

ボルチモア・オリオールズの本拠地「オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズ」の詳細情報

クリーブランド・インディアンスの本拠地「プログレッシブ・フィールド」の詳細情報

デトロイト・タイガースの本拠地「コメリカ・パーク」の詳細情報

 

ブッシュ・スタジアムはほぼ左右対称なフィールドかつ左中間と右中間が膨らんでいる為、ホームランが出にくく、ホームランパークファクターの数値は毎年1を大きく下回っています。

 

最後にブッシュ・スタジアムへの行き方を紹介します。

ブッシュ・スタジアムへの行き方

セントルイスではアクセスに便利なセントルイス・ランバート国際空港にまず到着し、そこから鉄道を利用してブッシュ・スタジアムに移動するのがベストです。

セントルイス・ランバート国際空港からブッシュ・スタジアムまではメトロリンクというセントルイスを走る鉄道を利用すると乗り継ぎなしで移動できるのでおススメです。

まず、Lambert Airport Terminal 2駅で乗車し、ブッシュ・スタジアムの最寄り駅であるCivic Center駅で下車します(乗車時間約30分)。Civic Center駅からブッシュ・スタジアムまでは徒歩10分ほどで移動できます。

また、ブッシュ・スタジアムはセントルイスのダウンタウンにあるので、宿泊施設は問題なく確保できると思います。

カージナルスのホームゲームは多くの観客が来場するため、試合観戦を希望している方は事前にチケットを予約しておいた方が良いです。

 

まとめ

以上でこの記事は終了です。

セントルイス・カージナルスの本拠地「ブッシュ・スタジアム」は、人気球団であるがゆえ多くの観客が来場し熱気で溢れかえるので、野球ファンならば一度は訪れておきたい球場と言えます。

また、アクセスしやすい球場であるため、初めての観光客にもおすすめの球場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました