【MLB】球場の特徴や行き方などロサンゼルス・エンゼルスの本拠地「エンゼル・スタジアム」を詳しく紹介!

MLB

「ロサンゼルス・エンゼルスの本拠地ってどんなところ?!」

「エンゼル・スタジアムで大谷翔平を見たい!」

大谷翔平の活躍によりロサンゼルス・エンゼルスに興味を持った人も多いと思います。

この記事では、「エンゼル・スタジアムについて詳しく知りたい!」「エンゼル・スタジアムで試合観戦したい!」という人に向けて、ロサンゼルス・エンゼルスの本拠地「エンゼル・スタジアム」を詳しく紹介します。

 

 

ロサンゼルス・エンゼルスってどんな球団?

ロサンゼルス・エンゼルスは1961年に創設され、アメリカンリーグ西地区に所属しており、地区優勝9回・ワールドシリーズ制覇1回の実績があります。

同じくカリフォルニア州に本拠地を置くロサンゼルス・ドジャースに比べると人気は劣りますが、近年は毎年平均37,000万人以上の観客がエンゼル・スタジアムを訪れ、観客動員数はMLBトップクラスです。

 

また、マイク・トラウトや大谷翔平など注目すべき選手が在籍しているので、エンゼルスの注目度はますます上昇しています。

さらに、大谷翔平が活躍したことで日本で取り上げられる機会が増えたので、多くの日本人が観戦に訪れています。

 

エンゼルスと同じカリフォルニア州に本拠地を置くロサンゼルス・ドジャース、サンフランシスコ・ジャイアンツ、オークランド・アスレチックスのホームスタジアムは以下の記事で紹介しています。

ロサンゼルス・ドジャースの本拠地「ドジャー・スタジアム」の詳細情報

サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地「オラクル・パーク」の詳細情報

オークランド・アスレチックスの本拠地「オークランド・コロシアム」詳細情報

エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

☑基礎情報

◆スタジアム名:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

◆ロケーション:カリフォルニア州アナハイム

◆収容人数:45,517人

 

エンゼルスの本拠地として1966年4月19日に開場し、現在使用されているMLBの球場の中では4番目に古いスタジアムになりました。

サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地「オラクル・パーク」やシアトル・マリナーズの「Tモバイル・パーク」などMLBの球場は企業が命名権を取得していることが多いですが、「エンゼル・スタジアム」は企業が命名権を取得していない珍しい球場です。

 

エンゼル・スタジアムの名物はセンタースタンドに設置されている巨大な岩で、この岩はかつて球団オーナーを務めていたウォルト・ディズニー社が建設を手がけました。

エンゼルスの選手がホームランを打つと、この巨大な岩から火が噴き上がり花火も打ち上るので、大谷翔平がホームランを打った際は注目してみてみてください。

 

また、エンゼル・スタジアムの本塁打パークファクターはMLBトップクラスであり、ホームランが出やすい球場として知られているので、たくさんのホームランを期待できます。

 

さらに、大谷選手の活躍により多くの日本人が「エンゼル・スタジアム」を訪れているので、日本人同士の交流を楽しむことが出来ます。

 

最後に、エンゼル・スタジアムへの行き方を紹介するので是非参考にしてみてください。

エンゼル・スタジアムへの行き方

エンゼル・スタジアムへ行くに日本からの直行便が運航しているロサンゼルス国際空港からタクシーで40分弱で行くことが出来ます。

地下鉄で行く場合は2時間ほどかかるので、タクシーで行くのをおススメします。

エンゼル・スタジアムで試合観戦したい人は事前にチケットを購入しておいた方が無難です。

 

また、旅費を極力抑えたい人は【ホテルズコンバインド】から宿泊施設を探してみると自分に合った宿泊施設を見つけることが出来るので是非チェックしてみてください。

まっぷる カリフォルニア・ロサンゼルス・サンフランシスコ (マップルマガジン 海外)

まとめ

以上でこの記事は終了です。

大谷翔平の活躍により、エンゼル・スタジアムで試合観戦をしてみたいという人が増えたと思います。

是非一度エンゼル・スタジアムで試合観戦してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました