【メジャーリーグ】球場の特徴や行き方などピッツバーグ・パイレーツの本拠地「PNCパーク」を詳しく紹介!

MLB

「ピッツバーグ・パイレーツの本拠地ってどんなところ?」

「ピッツバーグ・パイレーツの試合観戦をしたい!」

このように思っている人はいませんか?

この記事では、「ピッツバーグ・パイレーツの本拠地を詳しく知りたい!」「パイレーツの試合を現地観戦したい!」という人に向けて、ピッツバーグ・パイレーツの本拠地「PNCパーク」を詳しく紹介します。

ピッツバーク・パイレーツ

ピッツバーグ・パイレーツは1882年に創設された古参球団で、地区優勝9回・ワールドシリーズ制覇5回の実績があります。

しかし、1993年から2012年まで北米プロスポーツ記録の20シーズン連続負け越しを記録し、2000年以降はタイトルを獲得することが出来ていません。

 

また、成績の低下に伴い観客動員数も低迷しており、2021年の観客動員数は809,498人でMLB30球団中25番目です。

ちなみに2021年に最も観客動員数が多かったのはロサンゼルス・ドジャースの2,804,693人です。

(ドジャースの本拠地「ドジャー・スタジアム」はこちらの記事で紹介しています。)

 

 

現在はシカゴ・カブスセントルイス・カージナルスなどと同じナショナルリーグ中地区に所属しています。

また、筒香嘉智が所属していることもあり日本人になじみのある球団と言えるでしょう。

 

つづいて、ピッツバーグ・パイレーツの本拠地「PNCパーク」を紹介します。

PNCパーク

◆基礎情報

スタジアム名:PNCパーク

ロケーション:ペンシルベニア州ピッツバーグ

収容人数:38,747人

 

PNCパークは2001年4月9日に初のMLB公式戦が行われました。

球場名にある「PNC」とは、ペンシルベニア州ピッツバーグに拠点多く金融会社PNCファイナンシャル・サービシス・グループが命名権を取得したため名付けられました。

 

上記の写真にもあるように、内野席からダウタウンの高層ビル群を見渡せるため、景観の美しさはMLB屈指と評価されています。

また、球場の外には黄色い塗装がされているロベルト・クレメント橋があり、街の雰囲気を際立たせています。

PNCパークを訪れる際は試合は勿論ですが景観も楽しんでみてください。

 

また、2021年の本塁打パークファクターでは0.774という記録が残っておりホームランが出にくい球場とされています。

しかがって、2021年の球団別ホームラン数を比較すると、パイレーツはMLB30球団の中で最下位の124本しかホームランを打てていません。

(ホームランが出やすい球場の一つであるトロント・ブルージェイズの本拠地「ロジャーズ・センター」はこちらの記事で紹介しています。)

PNCパークへの行き方

日本からピッツバーグへの直行便はないので、日本からの直行便が運航しているシカゴやデトロイトなどを経由してピッツバーグ国際空港に向かうのが最善です。

ピッツバーグ国際空港からは鉄道またはタクシーなどで行くことが出来ます。

また、試合観戦チケットは事前にオンラインで購入しておくのが良いと思います。

ただし、パイレーツの試合観戦チケットは入手しやすいのであまり急ぐ必要ないと思います。

 

PNCパーク周辺の宿泊施設を安く予約したいという人は【ホテルズコンバインド】から探してみてください。

さまざまな宿泊予約サイトの中から最安値を選択することが出来ます。

まとめ

以上でこの記事は終了です。

ピッツバーク・パイレーツはMLB球団の中では人気が無いほうですが、スタジアムは景観が良く観光にはぴったりな球場です。

また、筒香が所属しているので日本人選手を見たいという人は「PNCパーク」を訪れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました