【MLB】クリーブランド・ガーディアンズの本拠地「プログレッシブ・フィールド」の特徴と行き方を紹介!

MLB

「クリーブランド・ガーディアンズの本拠地を詳しく知りたい!」

「現地でガーディアンズの試合を観戦したい!」

このように思っている人はいませんか?

この記事では「ガーディアンズの本拠地を詳しく知りたい!」「現地でガーディアンズの試合を観戦したい!」という人に向けて、クリーブランド・ガーディアンズの本拠地「プログレッシブ・フィールド」を詳しく紹介します。

 

 

クリーブランド・ガーディアンズってどんな球団?

クリーブランド・ガーディアンズは1901年に創設され、現在はアメリカンリーグ中地区に所属しています。

ガーディアンズは地区優勝10回、ワールドシリーズ制覇2回の実績がありますが、最後にワールドシリーズを制覇したのは1948年で、MLB球団の中で最もワールドシリーズ制覇から遠ざかっている球団です。

1990年代後半から2000年頃までは、マニー・ラミレスやジミ・トーミなどMLB屈指のスター選手が在籍し黄金期を迎えたため、1995年から2001年まで455試合連続満員御礼という記録を残しました。

ちなみに、1994年に本拠地「プログレッシブ・フィールド」が開場したことも観客動員数増加に起因していると思います。

しかし、2010年以降は観客動員数が減少し、近年はMLB球団で最下位レベルの観客動員数になっています。

 

1989年にはクリーブランド・ガーディアンズを舞台にした映画「メジャーリーグ」が公開され、アメリカのみならず日本でも知名度が上がりました。

映画「メジャーリーグ」に興味がある方はAmazon Primeビデオでご覧になれます。

メジャーリーグ(字幕版)

 

続いて、クリーブランド・ガーディアンズの本拠地「プログレッシブ・フィールド」を紹介していきます。

 

 

プログレッシブ・フィールド

☑基礎情報

◆スタジアム名:プログレッシブ・フィールド

◆ロケーション:オハイオ州クリーブランド

◆収容人数:34,830人

 

プログレッシブ・フィールドは1994年にオープンし、同年4月4日に初のMLB公式戦としてシアトル・マリナーズ戦が行われました。

プログレッシブ・フィールドは当時人気を博していたレトロクラシックの球場で、オープン当初は1試合平均40,000人以上の観客が観戦に訪れましたが、現在は人気が低迷しており1試合平均20,000人程度しか来場客がいません。

MLBではオリオール・パーク・アット・カムデンヤーズが建設されて以降、レトロクラシック球場の建設ブームが起き、プログレッシブ・フィールドの他にコロラド・ロッキーズの本拠地「クアーズ・フィールド」やサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地「オラクル・パーク」などが建設されました。

ボルチモア・オリオールズの本拠地「オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズ」の詳細情報

コロラド・ロッキーズの本拠地「クアーズ・フィールド」の詳細情報

サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地「オラクル・パーク」の詳細情報

 

また、MLBの球場は基本的に鳴り物での応援が禁止されていますが、プログレッシブ・フィールドはMLB唯一の鳴り物での応援が許されている球場です。

 

最後に、プログレッシブ・フィールドへの行き方を紹介します。

プログレッシブ・フィールドへの行き方

クリーブランド・ホプキンス国際空港からプログレッシブ・フィールドへは鉄道で行くのがベストです。

鉄道(Red Line)を利用すれば、空港から球場まで乗り換えなしで移動できるので、乗り換えが不安な人にもおすすめです。

乗り方は、Airport Stationで乗車し、Tower City-Public Square Stationで下車します。

Tower City-Public Square Stationから球場までは徒歩10分ほどで到着します。

試合観戦チケットは比較的購入しやすいので、急いで購入しておく必要はないと思います。

まとめ

以上でこの記事は終了です。

クリーブランド・ガーディアンズの本拠地「プログレッシブ・フィールド」はレトロクラシックのデザイン性に富んだ球場であるため、試合観戦をしなくても見る価値はある球場です。

是非一度訪れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました