【MLB】球場の特徴や行き方などレッドソックスの本拠地「フェンウェイ・パーク」を詳しく紹介!

MLB

「レッドソックスの本拠地ってどんなところ?」

「フェンウェイ・パークで試合観戦してみたい!」

このように思っている人はいると思います。

この記事では、「レッドソックスの本拠地を詳しく知りたい!」「フェンウェイ・パークに行ってみたい!」という人に向けて、レッドソックスの本拠地「フェンウェイ・パーク」を詳しく紹介します。

 

 

ボストン・レッドソックスってどんな球団?

ボストン・レッドソックスは1901年に創設され、リーグ優勝14回・ワールドシリーズ8回を誇る強豪球団で、同じアメリカンリーグ東地区に所属しているニューヨーク・ヤンキースとはライバル関係にあります。

また、レッドソックスはMLB屈指の人気球団でありレッドソックスの本拠地「フェンウェイ・パーク」の観客動員率は毎年MLBトップクラスです。

 

レッドソックスは1918年にワールドシリーズ制覇を成し遂げて以降、ワールドチャンピオンから遠ざかっていましたが、2004年に86年ぶりのワールドシリーズ制覇を成し遂げると2007年・2013年・2018年と立て続けにワールドシリーズを制覇しました。

 

さらに、松坂大輔や上原浩治など活躍した日本人選手も多く、日本人にとっても馴染みのある球団ではないでしょうか。

 

 

フェンウェイ・パーク(Fenway Park)

☑基礎情報

◆スタジアム名:フェンウェイ・パーク(Fenway Park)

◆ロケーション:マサチューセッツ州ボストン

◆収容人数:37,755人

 

フェンウェイ・パークは1914年4月20日に初めてMLBの試合が開催され、現在使用されているMLBの球場の中では最も古い球場です。

ウェンフェイパークはボストンの限られたスペースに建設された為、左右非対称な球場かつMLB屈指の人気球団でありながら収容可能人数が少ないため、満員になることが少なくありません。

 

フェンウェイ・パークはレフト・ライト目での距離が共に95mに満たないが、レフトフェンスには高さ11m以上の名物「グリーンモンスター」がそびえたち、右中間までは115m弱ある為、ホームランが出にくく本塁打パークファクターによると投手有利の球場とされています。

 

ちなみに、「フェンウェイ」とはボストン中心街の名称であり、フェンウェイ・パークは現在フェンウェイスポーツグループが所有しています。

フェンウェイスポーツグループ(Fenway Sports Group)とは、ボストンに本社を置くスポーツ会社で、レッドソックス以外に、英プレミアリーグ・リヴァプールFCの親会社でもあります。

したがって、ウェンウェイスポーツグループは、フェンウェイ・パークとリヴァプールのホームスタジアムであるアンフィールドを所有しています。

 

フェンウェイ・パークから着想を得て建設されたとされるサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地「オラクル・パーク」はこちらの記事で紹介しています。

 

最後に、フェンウェイ・パークへの行き方を紹介します。

 

 

フェンウェイ・パークへの行き方

フェンウェイ・パークにはタクシーであれば15分ほどで、地下鉄であれば1時間ほどで行くことが出来ます。

個人的にはタクシーで行くことをおススメします。

また、ボストン・レッドソックスの観戦チケットはMLBで最も入手困難なので、事前にオンラインストアで購入しておいた方がいいです。

 

宿泊費用を極力抑えたいという人は【ホテルズコンバインド】でボストンの宿泊施設を探してみると良いです。

地球の歩き方 B07 ボストン 2020-2021

まとめ

以上でこの記事は終了です。

MLB屈指の人気球団ボストン・レッドソックスの観戦チケットを入手するのは大変ですが、レッドソックスファンならば一度は本拠地「フェンウェイ・パーク」を訪れてみてください。

試合観戦をする場合は事前にチケットを購入することを忘れずに。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました