【MLB】アトランタ・ブレーブスの本拠地「トゥルーイスト・パーク」の特徴や行き方を紹介

「アトランタ・ブレーブスの本拠地ってどんなところ?」

「現地でブレーブスの試合を観戦した!」

このように思っている人はいませんか?

この記事では、「ブレーブスの本拠地について詳しく知りたい!」「現地で試合観戦したい!」という人に向けてブレーブスの本拠地「トゥルーイスト・パーク」について詳しく解説します。

 

 

アタランタ・ブレーブスってどんな球団?

アタランタ・ブレーブスは1871年に創設されたMLB最古の球団で、地区優勝21回、ワールドシリーズ制覇3回を成し遂げています。

1900年代は長く低迷期間が続きましたが、1991年に地区優勝をしてから2005年まで14年連続で地区優勝を果たし黄金時代を築きました。

ただし、ポストシーズンにはめっぽう弱く1995年を最後にワールドシリーズを制覇できていません。

 

長らく日本人選手が所属していませんでしたが、2009年に川上憲伸が日本人選手として初めて移籍し、翌年には斎藤隆が移籍してきました。

かつては成績が安定していなかった為、観客動員数の変動が激しかったが、2017年に新本拠地「トゥルーイスト・パーク」が開場してからは毎年30,000人弱の観客が動員するようになりました。

 

アトランタ・ブレーブス一筋のスカウトマンに焦点を当てた映画『人生の特等席 (字幕版)』が配信されているので、興味がある人は是非ご覧になってみてください。

アトランタ・ブレーブスについてはここまでにして、ブレーブスの本拠地「トゥルーイスト・パーク」について詳しく紹介していきます。

 

 

トゥルーイスト・パーク

☑基礎情報

◆スタジアム名:トゥルーイスト・パーク

◆ロケーション:ジョージア州コブ郡

◆収容人数:41,084人

 

トゥルーイスト・パークは2017年4月14日にMLB初の公式戦が行われました。

かつてのブレーブスの本拠地「ターナー・フィールド」は交通の便が悪く駐車場も狭いため多くの問題を抱えていましたが、新本拠地「トゥルーイスト・パーク」は駐車場の充実やフリーウェイ(高速道路)のインタチェンジ付近に建設するなど、観客が増える工夫が施されています。

 

スタジアムの外壁にはレンガを使用している為、古き良き球場を体験できます。

 

トゥルーイスト・パークには「バッテリー・アトランタ」と呼ばれるホテルやレストランなどが隣接する娯楽地区があり、多くの観客が訪れています。

客室からトゥルーイスト・パークを見渡せるホテル「Omni Hotel at the Battery Atlanta」もあるので興味がある人はホテル探し【ホテルズコンバインド】で客室からの写真をご覧になってみてください。

 

また、本塁打パークファクターによると毎年1.00前後を記録しており平均的な球場と言えます。

ちなみに、極端に本塁打が出やすい球場とされているトロント・ブルージェイズの本拠地「ロジャーズ・センター」についてはこちらの記事で紹介しています。

 

最後に「トゥルーイスト・パーク」への行き方を紹介します。

トゥルーイスト・パークへの行き方

日本から訪れる場合、アトランタ国際空港からMARTA(マルタ)という公共交通機関を使いトゥルーイスト・パークに向かうのがベストですが、Uberなどで行くことも可能です。

MARTAに乗るにはBreeze Card(日本のSuicaやPasmoのような役割)という切符を購入する必要がありますが、MARTAはアトランタ都市圏の移動を便利にしてくれるので始めての人は是非利用してみてください。

 

B12 地球の歩き方 アメリカ南部 2019~2020 (地球の歩き方B 北米・中米・南米)

まとめ

以上でこの記事は終了です。

アトランタ・ブレーブスはMLB最古の球団で熱狂的なファンがいながら、成績が安定せず観客動員数が伸び悩む時期が続きましたが2017年に新本拠地「トゥルーイスト・パーク」がオープンしてからは観客動員数が安定してきました。

是非一度「トゥルーイスト・パーク」を訪れてみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました