【MLS】インテル・マイアミCFの本拠地「DRV・PNKスタジアム」の特徴と行き方を紹介

海外サッカー

 

元イングランド代表のデビッド・ベッカムがオーナーを務めているインテル・マイアミCF。

本記事では、「インテル・マイアミの試合を現地観戦した!」「マイアミを訪れる予定がある!」という人に向けて、インテル・マイアミの本拠地「DRV・PNKスタジアム」を紹介します。

 

インテル・マイアミCFってどんなクラブ?

インテル・マイアミは2018年に創設された新しいクラブで、マンチェスター・Uやレアル・マドリードでも活躍したデビッド・ベッカムが共同オーナーを務めています。

 

世界的スターのベッカムがオーナーを務めていることも起因してか、選手キャリアの終盤に差し掛かったスター選手が在籍しています。

現在は、ブレーズ・マテュイディやゴンサロ・イグアインが在籍しています。

 

ただ、インテル・マイアミは2020年からMLSに参戦していますが、イースタン・カンファレンス(14チーム)で10位・11位と、成績はそれほど良くありません。

 

インテル・マイアミのエンブレムに描かれている7つの太陽光線は、ベッカムへの敬意を表しています。

 

続いて、「DRV・PNKスタジアム」を紹介します。

 

DRV・PNKスタジアム

 

☑基礎情報

◆ロケーション:フロリダ州フォートローダデール
◆収容人数:18,000人
◆オープン:2020年7月18日

 

DRV・PNKスタジアムは、新本拠地「フリーダム・パーク・スタジアム」が完成するまで、暫定的にインテル・マイアミの本拠地として利用されているサッカー専用スタジアムです。

インテル・マイアミの初めてのホームゲームは、2020年8月22日のオーランド・シティCF戦で、この試合は3‐2で勝利しました。

 

2021年4月8日に、アメリカの自動車販売企業「オートネーション(AutoNation)」がスタジアムの命名権を取得したと発表されました。

それに伴い、がん研究と治療に資金を寄付するAutoNationの「DrivePink」というプロジェクトを支援するため、”DRV・PNKスタジアム”というスタジアム名になりました。

 

続いて、「DRV・PNKスタジアム」への行き方を紹介します。

DRV・PNKスタジアムへの行き方

日本からマイアミへ直行便が運航していないので、アトランタやヒューストンを経由して「マイアミ国際空港」へ向かいます。(フォートローダーデール・ハリウッド国際空港を利用するのもアリです)

 

「マイアミ国際空港」から「DRV・PNKスタジアム」への移動は、鉄道・バス・レールを乗り次ぐ必要があります。

 

以下で移動方法の一例を紹介します。

 

①マイアミ国際空港に到着後、無料のモノレール”マイアミ・ムーバー(MIAMI MOVER)”を利用して「MIAMI Airport Station」を目指します。

所要時間:約5分

 

レール(TRIRAIL)を利用し「MIAMI Airport Station」から「Cypress Creek Station」へ移動します。

所要時間:約1時間

料金:2.50~5.00ドル(片道)

 

バスを利用し「Cypress Creek & Tri Rail Station」から「Powerline Rd & NW 53 Ct」へ移動します。

所要時間:約5分

料金:5.00ドル(1日券の場合)

 

④「Powerline Rd & NW 53 Ct」から「DRV・PNKスタジアム」は徒歩で移動します。

所要時間:約5分

 

 

一方、お急ぎの場合はタクシーやUberを利用するのが良いと思います。

 

また、宿泊施設については、周辺の治安などを事前に調べておくことをおすすめします。

フォートローダーデールは、保養地として人気が高く、比較的治安が安定しています。

マイアミは、観光名所が多くありますが、アメリカ国内屈指の犯罪都市であり、治安があまり良くありません。

どちらにしても、宿泊施設は充実しているので、目的に合わせて選択するのが良いでしょう。

 

滞在費を極力抑えたい場合は、様々な予約サイトの値段を一括で比較できる【ホテルズコンバインド】というサイトが便利なので、利用するのもアリだと思います。

 

【MLB】マイアミ・マーリンズの本拠地「ローンデポ・パーク」を紹介

まとめ

インテル・マイアミは、デビッド・ベッカムが共同オーナーを務めていることで、大きな注目を集めています。

また、元スペイン代表セルヒオ・ラモスの移籍が噂されています。

アメリカ国内のサッカー人気はそれほど高くありませんが、2026年にW杯が開催されるため、サッカー人気が高まってくるはずです。

現在はチケットを入手しやすいため、興味のある人は是非「DRV・PNKスタジアム」を訪れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました