【MLB】357億円の男!コーリー・シーガーはレンジャーズで活躍できるのか

MLB

MLBがまだロックアウトに突入する前、ビッグニュースが飛び込んできた。

テキサス・レンジャーズがコーリー・シーガー遊撃手と10年総額3億2500万ドルという大型契約を結んだのだ。

シーガーのレンジャーズ移籍を予想していた米メディアはほどんどなく、大きな衝撃を与えた。

そこで、この記事では米メディアの反応に触れつつ、シーガーがレンジャーズで活躍できるのか考察する。

MLB遊撃手で歴代3位

まずは初めにシーガーについてザっと紹介する。

 

シーガーがMLBデビューしたの2015年9月。

2016年からは遊撃手としてレギュラーに定着し、157試合出場で打率.308、193安打、26本塁打という驚異的な記録を残し、満票で新人王を受賞した。さらに、MVP投票では3位にランクインした。

 

シーガーがMLBのキャリアで最も輝いたのは、2020年のポストシーズンだ。

アトランタ・ブレーブスとのリーグチャンピオンシップでは、7試合で打率.310、5本塁打、1.230OPSという成績を残しMVPを受賞。

続くタンパベイ・レイズとのワールドシリーズでも、6試合で打率.400、2本塁打、1.256OPSという成績を残しMVPを受賞。

2020年にドジャースがワールドシリーズを制覇できたのは、シーガーのおかげと言っても過言ではない。

 

また、シーガーの通算OPS(.870)は、遊撃手としてはアレックス・ロドリゲス(.930)、ノマー・ガルシアパーラ(.882)に次ぐMLB3位という素晴らしい数字である。

 

一方、あえて懸念点を挙げるとすれば、怪我が多いことだ。

慢性的な腰痛やトミー・ジョン手術を受けた右肘など、不安を抱えている箇所がある。

また、死球による骨折など意図しない怪我での戦線離脱が多々ある。

 

ただ、シーガーのケガについては多くの米メディアが指摘している事であり、怪我の多さを考慮しても良い選手であることは間違いない。

 

ハビアー・バエズは新天地のタイガースで活躍できるのか?

レンジャーズ移籍について

では、ドジャースのスター選手であったシーガーのレンジャーズ移籍は、アメリカでどのように受け入れられていたのでしょうか。

 

ドジャース側の見解

ドジャースはムーキー・ベッツを筆頭に高年俸の選手が多数在籍しており、財政が圧迫していることは明らかだった。

加えて、昨シーズン途中にワシントン・ナショナルズからトレイ・ターナー遊撃手を獲得したため、シーガーの移籍は既定路線だろうと見られていた。

 

ただ、米メディアでは「実はドジャースはシーガーを放出したくなかった」のではないかという見解も出ている。

なぜなら、ドジャースはシーガーのレンジャーズ移籍が成立した途端、遊撃手のFA市場に参入し始めたからだ。

つまり、シーガーとの契約延長がかなわなかった為、やむなく後任を見つけ始めたのだ。

 

ドジャースとしてはターナーがいるとはいえ、コーリーが抜けた穴は大きいだろう。

 

レンジャーズ側の見解

一方、レンジャーズ側はどのように受け止めているのか。

 

それは、言うまでもなく大歓迎である。

レンジャーズは2年連続でア・リーグ西地区の最下位であり、チーム再建が急務となっている。

こうしたチーム状況において、移籍してきたシーガーとマーカス・セミエンに対する期待度は計り知れない。

おそらく、シーガーとセミエンの二遊間はMLB最強であり、多くのファンを魅了することになるだろう。

 

また、レンジャーズファンもシーガー加入を好意的に受け止めている。

2020年ポストシーズンは、レンジャーズの本拠地「グローブライフ・フィールド」で開催されていた為、シーガーの活躍は多くのレンジャーズファンの心に刻まれている。

 

ベリンジャーは復活できるのか考察⇒こちらの記事

レンジャーズで活躍できる?

レンジャーズはチーム再建の柱としてシーガーに期待しており、数年後のプレーオフ進出を目指している。

 

では、シーガーは期待通りの活躍ができるのか。

答えは「Yes」だ。

 

活躍出来る理由

理由は2つある。

1つ目は年齢についてだ。

シーガーは今年で28歳になるが、選手としてまだまだ伸びしろがあり、今後さらなる成長を期待できる。30代半ばに差し掛かり守備範囲が狭くなった場合は、3塁手へコンバートすることもできる。

 

2つ目は監督についてだ。

レンジャーズのクリス・ウッドウォード監督は、2016年から2018年までドジャースのコーチを務めており、シーガーとの関係がある。

したがって、それほど障壁を感じることなく、レンジャーズの組織に加わることが出来るだろう。

新たなリーグ、新たなチームでプレーするシーガーにとって、ウッドウォード監督の存在は大きいだろう。

 

懸念材料

一方、レンジャーズでプレーするにあたって懸念すべき点もある。

 

1つ目は怪我だ。

怪我については前述したためここでは詳しく述べないが、怪我以外でシーガーが大幅に成績を落とすことは考えにくい。

 

2つ目はレンジャーズの組織が整備されていない点だ。

現在のレンジャーズは若い選手が多く、チームとしての完成度が低いため、チームの悪い流れに引っ張られないか心配だ。

その点で、経験と実績があるセミエンが同時に加入したことは大きい。

噂ではクレイトン・カーショウがレンジャーズに移籍するのではないかと言われているか、仮にカーショウが移籍してくれば、投手陣の構築にも役立つだろう。

 

現役引退すら噂されているカーショウの移籍先についてはこちらの記事で考察している。

まとめ

シーガーはレンジャーズでも活躍できるだろうが、唯一ケガには注意してほしい。

シーガーが加入したことでレンジャーズがどのように変化するか注目していきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました