【第98回(2022)箱根駅伝】区間エントリー発表!青山学院大学の戦略と当日変更を考察

いよいよ、箱根駅伝の区間エントリーが発表されましたので、区間エントリーをもとに各大学の戦略と当日変更を考察していきます。

今回は青山学院大学についてです。

創価大学駅伝部 獅子奮迅2022

青山学院大学の区間エントリー

まず、青山学院大学の区間エントリーをご覧ください。

 

(区間エントリー)

1区  湯原慶吾(4年)

2区  近藤幸太郎(3年)

3区  太田蒼生(1年)

4区  関口雄大(3年)

5区  若林宏樹(1年)

6区  髙橋勇輝(4年)

7区  宮坂大器(3年)

8区  西久保遼(3年)

9区  中村唯翔(3年)

10区  中倉啓敦(3年)

【補欠】飯田貴之(4年)、岸本大紀(3年)、横田俊吾(3年)、佐藤一世(2年)、志貴勇斗(2年)、田中悠登(1年)

 

区間エントリーをもとにした総合順位予想はこちらから

 

 

戦略と当日変更を考察

青山学院大学の当日変更予想は以下の通りです。

3区 太田蒼生(1年)⇒岸本大紀(3年)

4区 関口雄大(3年)⇒佐藤一世(2年)

5区 若林宏樹(1年)⇒飯田貴之(4年)

7区 宮坂大器(3年)⇒田中悠登(1年)

 

青山学院大学はとてもバランスのいいオーダーだなと感じました。

 

おそらく原監督は1区はスローペースになるだろうと予想して、スピードのある湯原を1区に起用してきたのではないでしょうか。2区にはエースの近藤を配置してきたため、田澤(駒澤)やヴィンセント(東京国際)とのエース対決に注目です。

3区は当日変更で岸本が配置されると予想しました。岸本は復帰戦となった全日本大学駅伝で好走を見せており、2区近藤が上位でタスキを繋ぐことが出来れば3区で岸本でトップに立つ可能性は十分にあります。

4区佐藤は盤石であり、5区飯田も区間賞争いに食い込んでくるはずです。5区にエントリーされている若林は登りに強いそうなので、5区若林・9区飯田というオーダーも面白そうですが、安定感のある飯田が5区を走ることになるでしょう。

青山学院大学はもちろん往路優勝を狙っているでしょうが、復路にも強力な選手が控えているため往路でトップと2分差でもOKという感じだと思います。

6区は髙橋が控えているので、ここでトップと詰めるまたは後続を突き放す走りが期待できます。7区は当日変更で田中が配置されると予想しました。田中はハーフマラソンでも結果を残しているため、復路の流れを左右する7区に適任だと思います。

8区は西久保はタフな選手でハーフで結果を残しているのでアップダウンのある8区を難なく走ってくれるでしょう。

青山学院大学の区間エントリーを見てあえて心配な区間を言うとすれば9区だと思います。9区にエントリーされている中村は昨年2区を走っている実力者ですが、ややブレーキを起こすことがあるので、単独走となる9区はやや心配です。

10区中倉昨年も走っているため、難なく走破するでしょう。

 

今年の青山学院大学は選手層が厚く、どの区間にも穴が見当たらないので、1区を無難に走ることが出来れば総合優勝が大きく近づくでしょう。

 

駒澤大学の戦略と当日変更を考察はこちらの記事

東京国際大学の戦略と当日変更の考察はこちらの記事

早稲田大学の戦略と当日変更の考察はこちらの記事

明治大学の戦略と当日変更の考察はこちらの記事

順天堂大学の戦略と当日変更の考察はこちらの記事

東洋大学の戦略と当日変更の考察はこちらの記事

東海大学の戦略と当日変更の考察はこちらの記事

國學院大學の戦略と当日変更の考察はこちらの記事

まとめ

以上でこの記事は終了です。

今年の箱根駅伝はどのようなレース展開になるのか注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました